バリスタの学校を選ぼう【基礎をしっかり学べる】

男女

スキルを身に着ける方法

将来的に飲食店やケーキショップなどで働く場合には、調理の技術について幅広く学べる専門学校に進学することが重要です。標準的な年間授業料は150万円程度であり、在学中に料理やお菓子作りの技術に加えて、店舗運営のノウハウを学ぶことも可能です。

ウーマン

スキルと高卒資格を同時に

調理師免許は国家資格で調理専門学校を卒業することで自動的に取得できます。専門学校は高校卒業者だけでなく中卒者にも門戸が広げられています。中卒者向けコースでは調理の知識やスキルと高校卒業資格が同時に取得できるコースがあり、早く社会の一線に立つことができキャンパスライフも楽しめることから人気です。

コーヒー

コーヒー店のプロ

バリスタの専門学校に行くなら、最新式の設備が整っているか、講師のサポートはしっかりしているかを確認します。また、夜間制も用意されているので、昼に時間がない人でも安心して通う事が出来るでしょう。

男女

専門的な仕事

食への意識が高まっている世の中だからこそ、将来性のある仕事に就けるチャンスがあります。専門学校の中でも調理師学校は注目されています。全般的な調理の技術を身に付けられるだけでなく、専門的な分野を勉強するコースが用意されている調理師学校もあります。

調理器具

料理に関する仕事に就く

料理に関する仕事に就きたいなら、専門コースを設けた高校か、高等課程を設けた調理専門学校に通うといいでしょう。これらの学校に通うことで、知識や技術を身に着けるだけでなく、資格の取得も可能です。プロの講師や、本場の地で学ぶことも可能です。あくまで高校なので、一般科目も学び高校の卒業資格も取得できます。

コーヒーと資格

マシーン

実技の学習

喫茶店やコーヒーショップに関する仕事に就く際に、バリスタの資格を所有していることで役に立つことが多くなる。コーヒーショップなどの仕事においては、バリスタの資格が必須ではないため、取得していなくでも仕事を行うことができる。しかし、コーヒー関連の資格を取得しておくことで実際の業務で役立てることができたり、就職を行う際に有利に働く可能性が高まる。バリスタ資格については、民間業者の資格が数多くあり、どれを取得するかという点から考える必要がある。これらの資格の中でも特に知名度の高い資格を取得しておくことで、就職活動などにおいては有利に働く可能性がある。また、学校へ通って資格取得を目指す方が有利ということもある。バリスタの資格試験では、筆記試験など知識を試験と実際にコーヒーを淹れたり匂いなどで状態を見分ける等実技試験を設けていることが多い。筆記試験対策では、自宅などで個人で行うこともできるが、実技試験では学校で学ぶ方が効果的である。学校での学習では、バリスタの資格を所有した講師からアドバイスを受けながら学習できる。特に実技の学習では、淹れ方のポイントや見分け方のポイント個所など経験に関わる部分の習得が重要となるケースがある。学校に通い学習することで、これらを教えてもらうことができるため、資格取得に向けた対策と就職後に現場で活用できる技術を身に着けることが可能である。これらのことから、学校での学習が向いている。

Copyright© 2018 バリスタの学校を選ぼう【基礎をしっかり学べる】 All Rights Reserved.