バリスタの学校を選ぼう【基礎をしっかり学べる】

スキルと高卒資格を同時に

ウーマン

食のプロを目指す

人が生きる上で最も大切で、かつ関心が高いのが食です。その大切な食の一端を担う職業が調理師です。飲食を提供する仕事は様々ありますが、国家資格を持ち食のプロと認められるのは調理師をおいて他にないでしょう。料理が好きで生涯仕事として続けたいと考えるなら、この資格はピッタリといえます。調理師の資格は、調理専門学校で知識とスキルを学びそれを修了することで無試験で得られます。これ以外では、飲食の仕事に2年以上の実務経験があれば受験資格が得られ、合格すれば調理師になることができますが、試験には栄養学等の専門的な知識が必要なため、専門学校で学ぶ方が圧倒的に取得しやすい資格といえるでしょう。専門学校では、スキルを習得するための調理実習の他、衛生法規や公衆衛生等の食に関する知識を学びます。また、専門学校の中には高校を卒業した人だけではなく、中学卒業者の募集を行い、調理の知識と技術の習得に加えて高校卒業資格の取得を目指すコースを設定しているところもあるのです。この課程は、他より早く社会の一線に立つことができ、さらに高校生活をも体験できることから人気コースとなっています。なお、高校に関する課程は通信制高校と提携しています。多くの専門学校では、修学旅行や参観日等高校と同じような行事が行われており、充実したキャンパスライフが行われているのも人気の理由の一つとなっています。卒業後は、大手のホテルやレストラン、病院や施設の給食等、様々な企業に採用されています。

Copyright© 2018 バリスタの学校を選ぼう【基礎をしっかり学べる】 All Rights Reserved.